読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dirtypoetix’s diary

ダーティー・ポエティクスの、ダーティーなポエティクス

命を燃やす。

アメリカでは激戦の末、世論をひっくり返しトランプ候補が選挙を制し、日夜メディアで色々な論調が賑やかな今日この頃ですね。

 

 

 

最近は色々と訳があり家に帰ることが少なく、たまに家に帰ってスマホをいじるとwifiを使った通信速度の速さに「こんなにサクサク動くのか!」と驚いています。

 

そんな中、何気なくテレビを見ていたら松山ケンイチさんが出演していて、「なんだろう、こう、お互いに命を燃やして演技してるのがわかるんですよね。」

みたいなことを仰っていて。

 

なるほど…。

なんでもいいんですが、そういう瞬間があるのってすごく素敵なことだなって思ったんです。

何かにそこまで真剣に向かい合える。 命を燃やしてしたい何かと出会える。

って言うと、そういうものがある人は幸運だなって思うかもしれないけど、

 

とりあえず今やっていることに命を燃やしてみる。

これなら誰にでも出来そうですね。

 

 

 

先日友人のワンマンライブがあったので、久しく会っていなかった事もあり期待して参加してきました。

 

入るともうお客さんでパンパンで動くのにも気を使うくらい。

 

彼と出会った時もう彼は30歳を超えていて、でもアルバイトしながら音楽を続けていたんですね。たくさん音楽や人生の話をしたんですが、実際自分が彼のようにいつまでも夢にしがみついて、良い年して出費ばかりかさむ音楽は続けたくは無いなってずっと思っていて、そんな思いの丈を彼にぶつけた事もありました。

 

久しぶりに見た彼(高木栄一郎)は

f:id:dirtypoetix:20161110180932j:plain

 

ずっと積み重ねた自分のスタイルを貫き、命を燃やして歌っていました。

 

 

 

 

 

そーし。