読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dirtypoetix’s diary

ダーティー・ポエティクスの、ダーティーなポエティクス

ベートーヴェンとツイッター

こんにちは!梨とスイカを食べ過ぎて

おなかをこわしたタカです!

 

みなさんツイッターは使ってますか?

ダーティー・ポエティクスもそれぞれ使ってますよ。

 

twitter.com

twitter.com

 

最近プロフィールを更新しまして、

ベートーヴェンからDr. Dreまで愛する音楽家」

というのを新たに追加しました。

 

これには、一番真面目な音楽から、一番不良の音楽まで大好きです、

という意味が込められています。

今は主にアフリカ系アメリカ人の音楽や、中南米の音楽を探求している僕ですが、

学生時代は吹奏楽部で、クラシックが入り口で音楽を始めました。

 

そんなわけで今日は少し、ベートーヴェンについて書いてみたいと思います。

 

ベートーヴェンというとみなさん何を思い浮かべますか?

知っている方は、お気に入りの曲が浮かぶかと思いますが、

多くの人は音楽の教室にあった、けわしい表情の肖像画

思い浮かべるのではないでしょうか?

 

実際ベートーヴェンの曲は結構気難しかったりします笑

それでもね、やっぱりベートーヴェンはすごいんですよ。

言葉では伝えづらいので、今日は、みなさん絶対聞いたことがある、

「喜びの歌」の動画を紹介します。

 

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の公式動画があったので

まずはこちらを。1:36くらいから歌が始まります。

 

www.youtube.com

 

ベートーヴェンのなにがすごいかっていうと、

これだけ馴染みやすい主題(メロディ)を書けて、

なおかつ、メロディ以外の楽器のパートも

ただの伴奏にならず、息吹がこもっていることです。

全体で演奏するとそれはまるで宇宙です。

 

www.youtube.com

 

これはリッカルド・ムーティ指揮、シカゴ交響楽団による全曲演奏。

この曲は歌の部分が有名ですが、それは第4楽章で、

その前の3楽章は歌がないんです。だから歌の人たちはその間ずっと待ってます。

つらい...

 

注意:ここからちょっとマニアックな話です

 

第2楽章が19:40くらいから始まるのですが、ティンパニに注目してみましょう。

ティンパニという楽器は2対や3対の太鼓で演奏されることが多いのですが、

それぞれに音程が割り振られています。

ティンパニに音程があることを知らない人も意外と多い!)

 

この曲はニ短調で、「レの音が中心の、暗めの音階の曲」という意味です。

この場合、ティンパニの音は普通、中心の「レ」と、中間の「ラ」の音に

それぞれの太鼓をチューニングするのですが...

ここでベートーヴェンは何の音を指定したと思いますか?

 

それは「ファ」とその1オクターブ下の「ファ」なんです!

通常あり得ないチューニングをさせた狙いは見事的中して、

曲中で絶大な効果を発揮します。

 

冒頭を見てみましょう。弦楽器全体でリズミカルな音型を

2回演奏した後に、ティンパニが出てきて、その後また弦楽器が出てきますね。

合わせて4回。

4回それぞれの音は「レ、ラ、ファ、レ」と、和音をきれいに降りてきています。

あれ... みなさん気付きましたか?? こんな風になってるんですよ。

 

弦楽器「レレレ!ラララ!」

ティンパニ「ファファファ!」

弦楽器「レレレ...」

 

そうです。ティンパニは悪代官なんです。

弦楽器はひれ伏すのみ...

 

なんだか言いたいことがよくわからなくなってしまいましたが、

ともかくティンパニは、この後も曲中ずっとファの音を活用して大活躍するんです。

しかも大体音型は

 

ティンパニ「ファファファ!」

 

です。

 

さて、おふざけはこれくらいにして...

 

アフリカ系アメリカ人も、喜びの歌をこういう風にアレンジして歌ってますよ!

「天使にラブ・ソングを2」より

 

www.youtube.com

 

さっきまでと全然雰囲気が違いますよね。

歌って、踊って。こういう躍動感が出てくるのが

やはりアフリカン・アメリカンの音楽ですね!

みなさんはどっちのほうが好きですか?

 

Taka